HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
尺八の少しマニアックな話
0
     「或る悲しい一日」の尺八パートを録音したのは確か2007年の年の瀬の事だったと思う。(生楽器に関してはほぼこの時期に収録した。)当然、冬ということになるが、実は冬場はあまり尺八の演奏ににとって快適な時期とは言えないと認識している。理由は気温が低い事に加えて湿度も低い事にある。そもそも気温が低いと尺八の特性としてピッチ(音程)が下がりぎみになる。更に湿度が低いとどうしても鳴りが悪くなる。これは、いわゆる尺八の「割れ」が低温で空気の乾燥している冬場によく起きる事と関連があるように思う。(メカニズムについては良く解らないが。)因みに「割れ」を防ぐには加湿器や室(むろ)などで湿度を保つしかないとされている。即ちその逆を考えれば、尺八の演奏に適した環境とは高温多湿の梅雨時辺りということになる。

    このように季節によって楽器の状態が大きく影響を受けてしまう尺八であるが、抜本的な対策を講ずるならばワンシーズンごとに一本ずつ、というか取り合えず夏用、冬用、そして春秋用と三種類の楽器を用意しておくのがベストとされる。鳴りやピッチに関してそれぞれの季節ごとに調性された楽器を使い分けるという訳だ。経済的に問題が無いのならそれはそうだと思うが、そうもいかない場合はどうするかというと、春秋用を標準楽器と位置付けて、それで何とかするしかない。即ち夏場は少し音程を低めに吹く(メリ吹き)、冬場は少し高めに吹く(カリ吹き)、そして春と秋は楽器本来の音程のまま吹く、という按配だが、実際に私の関わっている製管師の方は、特注されない限りそのような状態を想定して楽器を製作されているそうだ。またピッチの調整の為に楽器の中継ぎ部分を僅かに抜き差しする方法もあると聞き及ぶが私自身は試していない。(ピッチバランスの問題は生じないのだろうか?)

    洋楽器の多くにとって一般に日本の風土の多湿がマイナス面とされる中で、高温多湿を好む尺八という楽器は、その意味でも極めて日本的と云わざるを得ない。(但し近年はエアコンなどの人工的な影響で夏場でも割れる事があるそうなので注意が必要だ。)
    ということで、「或る悲しい一日」を冬場に演奏する事は多分無いだろう。・・・冬用尺八持っていません・・・・・。
    | かまた | 楽器 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
    HAMMOND XK-1
    0
       2007年当時のごく普通のオルガンです。(B3とか期待してた人済みません)録音はこれで充分です。昔から楽器を選ぶ時は定番やブランドにこだわりません。自分が良ければいいということで。但しドローバー方式は長年の夢でした。

      そのドローバーの設定はいたってシンプルです。(16'=6、8'=8、4'=6、2'=4)のような感じでほとんど一定です。倍音系はほとんど使いません。鼻が詰まるので(笑)。(ゼラットの中間部ソロのみ例外)

      録音時にはオーバードライブやロータリースピーカーは使わず、編集後に必要量を加えます。これは一定ではなく、曲ごとに加減しています。ロータリースピーカーはスローモードしか使いませんが、これはELPの影響かも知れません。

      あと大切な事は、録音はMIDI録音でなく敢えてオーディオ録音を採用。他のメンバーと同じ条件を保つ為。編集の便宜よりも緊張感を優先したつもりです。

      なぜか今日だけです、ます調でした。
      | かまた | 楽器 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
      手負いの戦友(Ensoniq SD-1)
      0
         アルバム「KURSK」に於いて登場する唯一のシンセである。

        私が始めて出合ったEnsoniq製品は89年のVFXだった。純粋に出音のクォリティのみで比較した場合、圧倒的に他の国内外製品を凌駕していた(と個人的に思う)。その反面、背面のヒートシンクが異様に過熱し、実際、電源がよく落ちた。またシステムノイズがかなり多く、ノイズゲートの使用が必須だった。これらの欠点は当時の国内製品では既に有り得ないレベルのものだった。

        そんな状況の中、SD-1が91年に発売された。基本性能はVFXを踏襲しながら上記の欠点が改善されたモデルですぐさま購入、それ以来仕事にプライベートに使い倒してきた。その間他のシンセの事は一切考えなかった。因みに2006年のHAL&RINGコンサートの時も当然使用する予定だったが、直前にヤマハKX-5との相性問題が生じたため断念した。

        その後もしばらく使い続けていたが、仕事の現場で起動エラーが生じた為、仕事上の現役を引退。
        だが依然「KURSK」のレコーディングはSD-1以外に考えられなかった。(この時点でEnsoniqの楽器部門は事実上消滅、修理サポートも終了)

        さて、いよいよ録音、SD-1をセットし起動する。あれ、イニシャライズエラー??キャンセルすると一応立ち上がる、が、表示がおかしい。音色リストもメチャクチャだ。鍵盤の下半分の音が出ない。こういう時は再起動しかない。で、再起動。だが直らない。しかも3回に1回位しか起動しなくなってきた。まずい!これはまずい・・・・・。そこで何とか騙し騙し使うことにする。経験と勘が2割、後の8割はひたすら祈る(汗)。たのむ、落ちないで・・・たのむよ。
        ということで何とか予定の2曲を収録出来ました。「トップ・オブ・ザ・タワー」と「或る悲しい一日」です。

        SD-1はと言えば、その後2度と起動出来なくなりましたが、私の戦友なので大切にとってあります。
        | かまた | 楽器 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>