HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
戦車の事を書こうと思ったら
0
     アルバム「KURSK」のジャケットは思いっきり戦車の絵だ。戦車に多少興味の有る人なら、ドイツ軍のTIGERとソ連軍のT34-76とすぐに判ると思う。で、今日は少し戦車に関する話題でも書いて見ようかと思ったが、この手の事は生半可な知識で書くとお叱りを頂く事になるのは必定。そこで少し下調べをしようとして「タンクデサント」で検索を掛けて見たら、以下のサイトに遭遇した。
    http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/

    「ロシアの歴史」と銘打たれたサイトで、その中に「ソ連軍資料室」というコンテンツが有り、たいへん興味深く珍しい記事が満載されているので、自分で何か書くのはこちらを拝見させて頂いてからにしようと思う。それではまた。
    | かまた | ジャケット | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ジャケットの絵のこと
    0
       アルバム「KURSK」のジャケットデザインは金子デメさんだ。2006年のHAL&RINGコンサートにお越し頂き、それをご自身のブログでご紹介頂いた事をきっかけに、デザインを依頼させて頂いた。

      デザインの基本的な構想は私の方で固めており、それをお伝えした上で互いの具体案を持ち寄ってやりとりを重ねた。中でも骨子となったのはリアリティである。これは曲作りの段階から意識的に心掛けてきたことでもあり、実際、海外向け紹介文ではそのように明記されている。その為多くの写真や記録映像を参照し車両の年式等も特定した上で、構図決めの段階では1/35モデルを使用して写真に収めながら作業を進めた。

      しかし実はこの時点から、とある目的の為に一定のアレンジが為されていた。それはドイツ軍戦車の塗装タイプに関してだ。おそらくジャケットの構図はクルスク戦の中でも最大の戦車戦といわれるプロホロフカの戦いを連想させるだろう。そのことでなぜ塗装が問題になるかというと、仮にそれを忠実に再現するとなると、第2SS装甲軍団の迷彩色塗装でなければならなくなる。
      当時のドイツ軍には二つの組織があった。ひとつはプロイセンの時代からの通常の軍隊である国防軍、もうひとつがナチス党に属する武装親衛隊(通称SS)である。この違いは日本ではあまり問題視されないかも知れないが、関係当事国では大問題に発展する恐れがある。何がかというと、「SSの戦車に感情移入する」という事がである。
      という訳で、ジャケットにはクルスク戦に参加した国防軍の戦車が描かれている。もちろんどちらの側に感情移入して頂くこともリスナーの自由である。(そのように作ったつもりです)

      さて、ジャケットの仕上がりはというと、単なる場面、情景の説明に留まらない、というか、それとは一味も二味も違うアート作品となっているように思う。私の範疇を88ミリ砲で一発撃破してくれた金子デメさんに改めて感謝したい。
      | かまた | ジャケット | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>