HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 遂に「年貢の納めどき」が来てしまった。 | main | 「老害」という言葉の意味 >>
「雪掻き」続報!
0
    今回の雪掻きでは、三日間で(贅沢を言わないならば)一応「当初の目的」を達成しましたが、その代償として現在「右足がびっこ・・・と言って悪ければ不自由」な状態です。しかし私の解釈では、これは「論理的に正しい行動」となります。
    何故なら近隣の雪掻きは、自分の力の及ぶ範囲での「車、自転車、人の通行上の安全確保」が目的で、もし実施しなければ「人の命に関わる重大事故」に繋がる恐れが有り、その不安を抱えたままでは、夜も枕を高くして眠れません。もし現実に事故が起きてしまったら、その件で一生後悔するかも知れません。
    それに対して、雪掻きの結果「私個人の右足が不自由となって1〜2週間移動能力が半分に落ちる」事があったとして、他の誰が困る訳でもなく、自分自身も(痛みを別とすれば)さほど困っていません。そういえば映画「ランボー」シリーズの台詞の中に「痛みを無視しろ、とアナタが教えた」というのが有りましたが、そうなると私も含めて「雪掻きをすればみんなが良くなり誰も困らない」という結果となります。

    これが私の「行動理論」ですが、どこか変ですか?
    | かまた | その他 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/108
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>