HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 特典CDの件3 | main | ところで何故クルスクなのか? >>
KURSK Part2
0
     夜明け前・・・広大なウクライナの大地はまだ静寂に包まれている。だが近隣の航空基地では夜を徹して出撃準備が進められていた。やがて東の空が僅かに明るみを帯び、地平線が映し出されてくる。飛行場は突如として轟音に包まれる。整然と進発線に並んだ爆撃機の群れが一斉にエンジンをスタートさせたのだ。乗降口から飛び降りた整備兵とがなり合う様に言葉を交わしたパイロット達が素早く乗り込むと、ほどなく一番機が滑走路を滑り出す。

    こいつは奇襲とはなり得ない。当然敵は待ち構えているだろう。対空砲はまあ度胸試しだとしても、戦闘機は脅威だ。執拗に襲ってくるだろう。やつらに編隊を崩されでもしたらこっちの負けだが、我が方の戦闘機は極めて優秀なるがゆえ、必ずや敵を制圧してくれるに違いない。繰り返すが、全機何があろうと編隊を崩すな!爆撃を完遂せよ!!
    | かまた | 楽曲 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/16
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>