HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 小、中学校教員の「勤務実態」について | main | 安倍総理のビデオメッセージだって? >>
安倍政権のハチャメチャ振りが「正論」の起爆剤に?
0

    ※当ブログに於ける「正論」とは、経験則や感情論ではなく「物の道理」に照らして物事を理解する在り方を指します。

     

    私たちは戦後一貫して、その時々の政権によってミスリードされ続けてきたと言っても過言ではなく、現在の日本の状況がそうした結果の表れであることは間違い有りません。ただ「安倍政権」以前のどの政権も、それなりに国民の顔色を窺いながら適当に機嫌を取りつつ、騙し騙しそれなり上手くやってきたという面は否定出来ません。(だから「何だかんだと言われつつも自民党」という評価に結び付いていた訳です。)

     

    ところがここに来て、そうした謂わば伝統的なスタンスが「安倍政権」によって一気に覆されてしまったということです。それは「現実に即した政治」とはとても言い難い、ほとんど個人的とも言える「自らの夢想や願望を無理矢理実現させよう」といったやり方(=独裁)に極めて近いものであったようです。

    当然ですがこれでは「その時の安倍晋三の眼中に無い人々」にとってはタマッたものでは有りません。「安倍政権による政治」はこのように、既に多くの(眼中に無い)国民に大きな犠牲とリスクをもたらして来ました。これは極論を言えば、これまで「国民不在の政治」を堂々と行なってきた結果であって、そのためには(場合によっては)天皇でさえも蔑(ないがし)ろにするものでした。

     

    その中身たるや、別に日本が現時点でことさら弱い訳でもないのにやたらと「強い日本」にこだわり、果たしてアメリカに追従したいのか、アメリカと肩を並べたいのか、はたまたアメリカを越えたいのか、(そんな真意はどうでも良いのですが)傍目(はため)には「ナメられてたまるか!」のような子どもじみた話にしか見えません。しかしそんなコトにうつつを抜かしているために経済、外交、福祉、教育など、あらゆる政策に齟齬が生じ、国民生活が逼迫(ひっぱく)させられていることは事実です。こうなると本当に「頼むから勘弁してくれ」という感じです。

     

    さすがに政治がここまでヒドくなると、世の中には「正論」の風が吹き始めます。それはちょうど「現政権」との対立軸としての位置関係となりますが、裏を返せばそれは「安倍政権はそこまで(=正論を持ち出さなければならないほど)悪いのか」という話になりますが、実際「そこまで」悪いのです。ただマスコミが恫喝(と懐柔)をされてそう言えないだけです。

     

    皮肉にもこうした「正論」が息を吹き返し、市民権を得るまでにその声が高まってきたのは「安倍政権」の唯一のお手柄かも知れません。改めて考えるまでもなく、政治家に一定の「人格や品格」が必要となる事など当たり前の話では有りませんか。何せ国民が命と生活を預けることになる訳ですから。

    従って私たちはこの先「正論」に照らして社会の様々な歪みを修正、修復或いは再構築して行く必要が有ります。(それを今すぐ、今日から始めるべきです。)

    | かまた | 時事関連 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/258
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>