HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 「発想、発案」の質と正当性について | main | 奇しくも「概ね警告した通り」だろう >>
政治家が「鉄砲玉」で何が悪い
0

    もし国家が特定の人々の所有物ではなく「国民全体の共有物」であることを前提とするなら、政治はそのためにこそ行われるべきと思うことは至極当然であろう。例え実質がそうした「建前」と異なっていたとしても、それは「古き悪しき因習」によるものであって、それ以外に何ら正当な理由は存在しない。

     

    然らば政治家たるものはそうした「国家の理念」を実現させるために数々の難関を突破し、前途に立ち塞がる障害をことごとく排除しながら進むしか行く道は無いし、そもそもそれが仕事である。然るに現在の国政、県政、市政などに携わる政治家の内、その事をわきまえた上で覚悟を以ってその任に就いている者がどれほどいるだろうか。(皆無とは言わないまでも、甚だ心許ない。)

     

    現実の課題として最も障壁となるのが「利益相反」であるのは想像に難くない。これらは旧態依然とした巨大な権力構造や多分に自己中心的な新興の金権主義者などによって、(国民全体のための)健全な社会構造に対する軋轢や破壊の形でもたらされるが、多くの場合「裏から権力の中枢に手を回して利権を掌握する」という常套手段によって、余程の覚悟を以って事に望まなければそれを「阻止する」ことは難しいだろう。そうした末に「司法、立法、行政」がそれぞれ分断され、遂には「三権分立」が機能不全に陥ってしまった状態が現在と言える。

     

    このような謂わば「巨悪(=巨大な理不尽)」に立ち向かい、事態の是正矯正を図るのが並大抵の事で無いことぐらいは解る。如何に政治家として逸材であっても(単独では)厳しいだろうし、下手をすれば失脚の憂き目に会うだろう。だから政治家は(時として)「鉄砲玉」で良い。仮に跳ね返され、追い落とされても次から次からタマの続くまでそれこそ何十人、何百人という政治家が後から後から事に当たれば良いではないか。

     

    国会の場か何かで「皆さん、国家のために命がけの自衛隊の皆さんに謝意を表しようではありませんか。」などと呑気なコト言っている場合じゃないよ。まったく。

    自衛隊員に先駆けて「命がけで内外の巨悪と向き合い、国民の生命と財産を守る」のが政治家の役目ではないか。頼むから国民の「鉄砲玉」になってくれ!

    | かまた | 時事関連 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/263
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>