HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< そもそも安倍晋三を当選させてはいけない | main | 人にはそれぞれ「役回り」がある。 >>
他人のフンドシならぬ「他人の土俵」で・・・
0

    他人が苦労に苦労を重ねて作った真新しい土俵にいきなり割り込みをかけてきてそこで相撲を取ろうなんてする人は、(誰とは言わないが)そもそも信用に値しないだろう。もちろん「選挙戦」の話だ。

     

    しかも此の期に及んでなお「希望」だの「改革」だのと(耳触りは良いが)具体的な中身の全くわからない「抽象的な言葉や表現」に終始し、挙句の果ては英語やドイツ語をキーワードのごとく持ちだして他人を煙に巻く。いや、実際そうやってケムに巻こうとしているとしか思えない。(選挙ポスターを見る限り、それは安倍自民党の十八番だ。)

     

    もしこのような人が「自民党の補間勢力」あるいは「野党つぶし」の汚名を着せられないようにしたいなら、自ら人としての「地道で誠実な立ち居振る舞い」を示さなければならない。にもかかわらず、あたかも隙を突いて「トンビが油揚げをかっさらう」ような印象を他人に与えておいて、どうして人々の信頼を得ることが出来るのだろう。

     

    もしかして、この人はわかっていないのかも知れない。まさに今、安倍晋三氏が国民に問われているのはその「人間性」であるということが。

    | かまた | 時事関連 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/283
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>