HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 衆院選をめぐる政界の激変について | main | 一寸先は闇! >>
政界は社会の縮図である。
0

    どうやら旧来の「人畜無害」的な(建前上の)社会構造、システムがここに来て瓦解、崩壊をきたし、それまでそこに抱合されていた個々の人々が「本音」を剥き出しにし始めた事で、事実上の「人々の二分化」が急速に進行中のようだ。

    「事実上の」というのは、これまでも内面的な「二分化」は存在したが、それが自他共に認識可能な形として顕在化してきたという事だ。

     

    その理由はおそらく「我慢、辛抱たまらなくなったから」或いは「好機到来と見て」という事かも知れないが、何れにしても、それは本当の理由ではなく、「ブレーキを外された」または「箍(たが)を外された」というのが正しい。(しかもそういった自覚が無い故に、制御も出来ない。)しかし「誰に?」

    もちろん、「そういうことが出来るもの」に決まっている。

     

    今、このような事が私たちの人間社会全般で起こっている、ということは、これは「私たち全員が直面している(=突き付けられている)自分自身の問題」ということであって、「誰彼問わず他人事ではない」と知るべきであり、ただ政治の世界では(あたかも舞台劇の如く)それがコンパクトな分り易い形で行われているに過ぎない。

    故に私たちはこれを契機として、今一度(おそらく最後のチャンスとなろうが)自身の身の振り方を見直し、考え直す必要があろうと思う。

     

    ただ(少数ではあるが)こうした懸念に無縁の人々もいることはいる。それは従来より「建前と本音の差異が極めて小さく、人間性、社会性共に豊かな人々」であり、二分化の一方を担う人々のことだ。

     

    なお「二分化」自体が「他に方法がない場合の最終手段」であり、本来は「全員が豊かな人間性を有すること」を目標とし、理想とすべきであるのは言うまでもない。だが残念ながら、よろず物事にはタイムリミットがあるのだ。

    | かまた | 時事関連 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/286
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>