HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 沈黙(という名の悪)と敢然対峙する村本大輔 | main | こんな時代に於ける「万全の備え」とは >>
誠実で偽りが微塵も感じられない話
0

    「マスコミに載らない海外記事」のAndre Vltchek(アンドレ・ヴルチェク)の記事がまさにそれだろう。目からウロコを落とすために(少々長いが和訳されているので)是非一読をお勧めする。

    記事はこちら→ http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-e013.html

    それに比べて今朝の「時事放談」(TBS)の石破茂と増田寛也が揃いも揃って悲しすぎる。心にもない事を言っているのがありありと分かるし、同時に現在の自公政権の限界をひしひしと感じさせる。到底視聴に耐え得るものではなく、本当に勘弁して欲しい。(司会の御厨貴の死んだ顔も印象的だ。)

     

    ところで冒頭のヴルチェク氏の記事には彼の(真実を知るための壮絶で凄惨な)取材体験に基づく多くの報告と告発と提言が込められている。文中にもあるように彼の「人間、芸術家、思想家として、常に立場をはっきりさせるべきだ。‘バリケード’のどちら側に立っているのかという自分の位置は、明快で正直でなければならない。そうでなければ、ウソつきになる。」という思いの丈が(翻訳文でありながらも)明確に伝わってくる内容で、要点と思われる部分を以下に書きだしてみる。(太字表記は管理人による編集)

     

    世界中で暮らす人々の‘心をつかもうとして’常時競合している二つの平行する現実が実際に存在するのを、たまに自覚するのは良いことだ。本当の生活と‘偽の生活’が存在しているのだ。現実と、現実そのものより現実らしく見える巧妙に作り上げられた似非現実が存在しているのだ。本物の果物より本当らしい香りがする化学的に製造された青リンゴ・シャンプーのようなものだ。

     

    “真実に出来るだけ近づかなければならない。近づき過ぎると、死ぬことになる。”は、その通りだ!

    真実に出来るだけ近寄るためには、人は素早く、断固、一定の精度で、明らかな失態をさけて行動しなければならない。

    身の回りの人々が自分を信じていてくれる必要があり、自分も、誰を信じ、誰を避けるべきかをわかっていなければならない。

    独力でやるか、少なくとも大半の時間、独力でやらなければならない。

     

    良いものである場合、決して単なる‘報道’ではない。それはジャーナリズムを遥かに超えるか、さもなくばたわごとだ。していることには何らかの優雅さが必要で、哲学と人道的なものや、背景やとイデオロギーや情熱もたっぷり必要だ。

    こうした仕事には‘客観性’などない。客観性というのは、主流メディアが流布している幻想、おとぎ話に過ぎない。しかし、決してウソを言ってはならない。目撃し、語らねばならないことを、そう言うべきだと思う形で語り そうしながらも、読者や視聴者に、自分の立場を正確に伝える義務がある。

     

    苦く本質的な真実はこうだ。たとえ自分の命の危険をおかそうとも、たとえ酷く負傷したり、心理的に困憊したりしようとも、多くの感謝や支援を期待してはならない。

    (中略)

    これは非難ではなく、人類の存続のために戦おうとしている人々に対する単なる警告に過ぎない。“完全に自力でやるしかない。時にくずおれるのは確実だ。”

    それでも、私は他に意味ある生き方を知らない。私は誰かの人生と私の人生を取り替えようとは思わない。

     

    世界は全く違っていて、聞かされているより、実際にはずっとずっと美しく多様だということをお知らせさせて頂きたい。今は炎に包まれている場所の大半さえ美しいのだ。そして、もし平和のままにしておけば、こうした人々は繁栄するのだ。

    世界は、そのために戦うに値する。世界は守るに値する。

    (管理人注釈1:「美しく多様」とは風景のことではなく、人の心と人の営みのことに相違ない。)

    (管理人注釈2:「戦う」「守る」とは武力闘争ではなく「広く識らしめ対峙すること」に他ならない。)

     

    植民地主義は常に悪だ。帝国主義は常に悪だ。いずれかの文化、宗教、あるいは経済の至上主義は、全くいかなる例外無しに悪だ。

    比較的小さな一大陸の国々の集団が全世界を強奪し、自分に都合の良いように形作り、違う肌の色、信仰、価値観の人々を奴隷にし続けるのは全て明らかに間違っている。

    だが世界はそういうものだ。残酷で、不公平で、一つの攻撃的で、強欲で、陰険で傲慢な少数派に支配されている。世界は依然そういう状態だ。繰り返そう、世界は益々そうなっている。

     

    世界を略奪し、奴隷化しようとし続けている連中が流布する“ニュース”や“情報”を決して信じてはならない。ご自分で直接見て、聞いたこと、感じたことだけを信じよう。もし、そういう人々を見つけ出せたら、この世界を愛している人を信じよう。自身の感覚を、自分の内在的論理を、自分の感情を信じよう。

     

    ご自分の目で見るまで、本当に確信するまで、その人々と話すまで、彼らが言っていることを本当に理解するまで、地球上のどこであれ、いかなる外国への爆撃や、経済制裁に賛成投票してはならない。テレビだけ眺めた後で判断や結論を出してはいけない。お忘れなく。似非現実は人を殺すのだ! そして、それは、あなたをその殺戮に参加させたがっているのだ。

     

    世界を自分の目で見た後、それを理解した後、皆様は私に同意されるのはほぼ確実だと考えている。現時点で、この地球上には二つの平行現実が存在している。一つは、本当の人間の生活や物語でできており、もう一つは、世界のただ些細で、巧妙に操作された解釈だ。(本物の)現実は進歩や思いやりや楽観や調和を熱望している。もう一つ(偽もの)は、常に不確実さや無主義や破壊や絶望を広めている。

    連中が“偽ニュース”と呼ぶもののみならず、まるごとが、既存支配体制が作り出し、ヘルメットを被り、防弾チョッキを着て、4WDに乗り、目立つ「報道」記章を付けた男女が支えている‘偽現実’なのだ。

     

    要点を書き出しただけでもかなりのボリュームだが、実際全文を読んで見ても無駄な文言は一つも見当たらないほど内容の濃い記事となっている。当然だ。命懸けの何十年間の思いの丈が、たかだか一文に収まる由もない。何れにせよこうした「誠実な人々」の地道な努力と心の訴えを決して無駄にしてはならないと思う次第だ。(そんなことをすれば罰(バチ)が当たるに違いない。)

     

    「論理は実践によって証明されるものであり、実践によって証明された論理ほど強いものは無い。それらはすべて人ひとりが全身全霊を以って自力で成し得るもの」という真理に肉薄する、たいへん示唆に富んだ文章と思い紹介致しました。(訳者の方に感謝申し上げます。)

    | かまた | 時事関連 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/341
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>