HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 教科書 重すぎる | main | 自分を知りたければ沈黙せよ。 >>
世の中を良くしていくための秀逸な切り口
0

    以前にも当ブログで紹介させて頂いたアンドレ・ヴィチェック氏の新しい記事を「マスコミに載らない海外記事」で目にするに付け、その秀逸さに甚く感銘を覚えたので紹介させて頂きます。

    記事はこちら→ http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-a907.html

     

    タイトルは「欧米マスコミの支配、堕落と原理主義」というもので、かなりの長文にも関わらず、無駄な言葉の一言一句も感じられず、筆者の切実な思いが(訳文にも関わらず)ほぼダイレクトに伝わってくる秀作に思えます。(危険を顧みず文字通り体を張って取材活動に従事する人ならではのものかも知れません。)

     

    中でも私たち日本人にとって特に重要と思われるのは、次の一節です。

    〈欧米は決して反対意見を許容することができないように見える。欧米は完全で無条件な服従、絶対的屈服を要求するのだ。欧米は宗教的原理主義者とグローバル悪党の二役で活動している。しかも事態を一層酷くするのは、欧米諸国民は、余りにしっかり教え込まれているか、余りに無頓着なのか、あるいは、その両方で、自分たちの国々や‘文化’が世界の他の国々に対して一体何をしているかを理解することができないように見えるのだ。

     

    上の引用文の前段は、欧米列強が植民地支配や新植民地政策を始めとして、長年他の多くの地球上の人々に対する差別的支配を(今もなお)続けている事を指摘しており、後段の太字部分では「そういう国の国民に限って(世界の実情が)何も見えていないし何も解っていない」と指摘されています。

    その後段の「欧米諸国民は」を「日本国民は」に置き換えて見ると、それは正に今の日本の実情そのものと言えます。何故なら日本政府が長年「欧米列強のスタンスを100%支持してきた」からです。(正確にはほぼアメリカの傀儡。)

     

    ですからこういった国際的な記述に触れる際には、日本は決してフェアな立場ではなく、それどころか(歴史的に)紛れもない「欧米列強の一味である」という認識が最低限必要な認識ということです。

    | かまた | 時事関連 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/381
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>