HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< そしてみんな発狂した | main | 私たちの社会は確実に進展しています。 >>
テレビを見れば見るほど変になる?
0

    言うまでもなく、社会の在り方やあらゆる国民生活に最も深く大きく関わるのが「政治の在り方」であるから、我々国民の一人一人は「今、政治がどうなっているのか(=今、日本がどこへ向かっているのか)」について、常に何らかの形で正しい情報を取得出来なければならないということになる。そうでなければ(有権者として)政治そのものや政治家に対する是非の判断のしようがないからだ。

     

    しかしその意味に於いて、現状我々に最も身近で手軽な情報の入手手段である「テレビ」は、そうした「正しい情報の提供」という(建前上の)使命と役割をとっくの昔に放棄してしまったようだ。百歩譲って(広告スポンサーである)財界の意向を汲まざるを得ない民放テレビ局ならまだしも、強引な理屈と手段でほぼ全ての国民から「視聴料」を徴収した挙句「みなさまのNHK」を標榜してはばからないNHKに至っては、これは「国民に対する完全な裏切り行為に当たる」と断定出来る。

     

    例えばここ数年来、政権による「度重なるメディアへの圧力、恫喝」などが報じられてきたが、いつの間にかそれが常態化して、現在では逆に「言われる前から政権に忖度する輩が存在する」など、すっかり手なづけられてしまった感がある。言って置きたいが、自分に非がないのに脅されたり因縁をつけられたら瞬時に「脅された!」「因縁をつけられた!」と騒ぎ立てるのが身を守る基本だろう。もしそういう気がないとすれば、その人たちは元々そういう「メディアに居てはならない人たち」だったと思う他ない。何故なら「使命感や責任感」が感じ取れないからだ。

     

    それからメディアに対する政権側の「屁理屈」の一つに「両論併記すべし」というものがあるが、そもそも併記に値する「論」であるのかどうかが問題で、そうした価値判断の介在なしに何でもかんでも「論」として併記するという訳には行かないだろう。

    事実、ほとんどの報道や情報提供の際には「両論併記」などされず、多くはメディア側の価値判断に基づいて行われている。いつの場合も我々国民は「メディアの良心」を信じ、メディア側はそうした「信頼に応えるべく尽力する」というのが国民とメディアの有るべき姿に違いない。

     

    そうした(政治を正しく伝えないという)意味に於いて、現在のテレビは既に見る影もなく、逆に見れば見るほどおかしな方向へ誘導され兼ねない状況に有ると言えよう。(反面教師にはなるにせよ、見て気分は良くない。)

    | かまた | 時事関連 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/399
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>