HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 来年(2019年)は・・・ | main | 現政権と与党が数の力で成立させた法案は・・・ >>
安倍政権を総括すれば・・・
0

    徹底的な民主主義、民主政治の破壊・・・としか言い様がない。何故なら一貫して徹底的に「民意と無関係な結果」をもたらし続けてきたからだ。そこで改めて「民意とは何か」を問うならば、一重に「誰しもが公平、平等と実感できる生活環境の提供と安全保障」に尽きることは民主主義を掲げる限り言うまでもない。しかるに格差社会を助長し、防衛力(=軍備)増強により戦争の脅威を増大させつつ、それ(=民意)と真逆の方向に突き進んできたのが安倍政権ということになる。

     

    ただ、安倍政権のおかげでたいへん良くわかった事も有る。それは「選挙制度による民意の反映と民主政治の実現は絵に描いた餅でしかなかった」という事だ。何故なら「金権政治」という言葉もある通り、大概のことは金と権力(=暴力?)で操作できるからだ。その意味で社会の内側は「制度」という形骸を残して、既に破壊し尽くされていると言って良いだろう。それ故、選挙のたびに殊更「民意をお示し頂いた」などと、逆にそこを強調したがる気持ちもわかるというものだ。然るに「ナチスに学べ」とはそういうことだ。

     

    つまり、安倍政権はナチスに学び、我々国民は「安倍政権に学んだ」ということ。但し反面教師としてだが・・・。そして「学び」とは「活かす」ためにあるということ!(来年はそれを活かす年。)

    | かまた | 時事関連 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/410
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>