HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 対峙したことの意味 | main | 「悪は悪を以って制する」とは? >>
2019年は「結果現象の年」です。
0

    これまでも当ブログでは年頭(或いは前年12月)に「今年(来年)はどういう年?」という主旨の記事を掲載してまいりました。例えば2016年は「変動、変化の年」2017年は「瓦解、崩壊の年」2018年は「対峙の年」といった具合です。

    その意味では今年2019年についても、昨年12月4日と29日の記事で「結果現象の年」とさせて頂いております。これは文字通り「原因に対する結果が形となって現れる」という意味でしか無く、良い原因であれば良い結果が、悪い原因であれば悪い結果がそれぞれ生ずる(=現れる、起きる、見舞われる)ということです。

    この場合、重要なポイントは「良い、悪いの基準があくまでも論理的な正誤によるもの」ということで、必ずしも「一生懸命やった、頑張った」からといって単純に努力の分だけ結果が付いてくるとは限りません。その意味では今年は正に私たち全員にとっての正念場とも言え、自らの価値観の正誤(=白黒)が明らかとなる年と言えるかも知れません。(但し、それを認めるか認めないかは当人次第でしょうが・・・。)

     

    「無理」という言葉を思い起こして下さい。これは「理に無いこと」という意味であって、理に無いこと(=論理的誤り)を以ってして最終的な結果を導き出すことは(ナンピトタリトモ)不可能であることを言い表しています。

    | かまた | 時事関連 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/413
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>