HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 「カレイドスコープ」の以下の各記事は秀逸且つ有益です。 | main | 中学校に於ける「道徳の公開授業」に驚愕! >>
本日は「立春」です。
0

    毎年申し上げているように、(霊的には)本日より実質的な本年がスタートします。今年はそのスケールや内容はまちまちながらも「悲惨な思いを味わう人」と「悲惨なモノを見せつけられる人」が激増することでしょう。理由は言うに及ばず、今年が「結果現象」の年だからです。気持ちの上ではどちらも願い下げですが、どちらか1つを選べというのなら後者でしか有り得ません。にも関わらず、既に私たちには「選択の自由」すら有りません。何故なら(繰り返しになりますが、)今年が「結果現象」の年に他ならないからです。

     

    そこで何より重要なのは、あらゆる結果を受け入れた上でそれを活かし、前に歩を進めることでしょう。くどいようですが、どんな場合であっても私たちは結果を100%受け入れるべきです。新たな物事は、それを因としてそこから始まるからです。私たちは過去に戻ることは出来ませんが、未来に於いてそれを贖(あがな)い、補強することは十分可能であることを確信するべきです。何故なら「そういう仕組み」になっている」からです。

     

    すべては手遅れにならない内に・・・。「手遅れ」とは、肉体が消滅し、次いで霊魂(たましい)の消滅が決定することを指しますが、そのことを以ってして「究極の不幸」と言っても過言ではないでしょう。それ故、仮に(人間として)そういう選択の自由があったとしても、こればかりは絶対にお薦め出来ません。

    | かまた | 時事関連 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/417
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>