HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 「かんぽ生命」と「振り込め詐欺」・・・どこが違う? | main | 巨大組織がことごとく「ダメ」な理由(ワケ) >>
投票しない人は文句を言う権利や資格が無い!
0

    これはもちろん、来たる7月21日(日)の参議院議員選挙に於ける投票行動に関する話で、(やむを得ない事情以外で)投票を行わないということは、あらゆる選挙結果に対してそれを100%容認し、その結果どのような社会になろうとも(一切文句や不満を漏らさず)、100%従属の意思を示したものと解釈されても仕方有りません。

    つまり「投票しない(=棄権)」とは、実際には「俺は関係ネエよ!」とはならず、「皆さんにお任せします!」「100%従います!」ということです。

     

    よく「投票したい人(=候補者)がいない」という話を耳にしますが、そういう場合は当然ですが自分の希望に対して「一番かけ離れた主張をしている候補者から順に外して行く」ことで、最後に残った「似たりよったりの人たち」の内、誰でもいいから名前(比例であれば政党、団体名、)を書けば良いのです。そうすれば以後、堂々と不満や文句を公然とぶち撒けられるようになるでしょう。社会で何か不都合な事が起きれば「それ見たことか!」「だから言ったろ!」「ふざけるな!」等々・・・好きなだけ言ったら良いのです。少なくともみんながそういう権利や資格が有る。それはある意味「健全な社会」です。そう思われませんか?

    | かまた | 時事関連 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/426
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>