HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 本日は2020年1月2日です。 | main |
「社会性」の崩壊(2020年節分に際して)
0

    およそこの世は「利己」と「利他」の二者択一でしか有り得ず、例えばその中間的な「フィフティ:フィフティ」というイメージですらも「利己」の一種に過ぎません。また、いわゆる「家族愛」「愛国心」などの一般的な「同族愛」に於いても、やはり「利己」の拡大、延長版に過ぎません。何故ならそれらは通常「容易に敵を作るメンタリティ」と言えるからです。即ち「どう転んでも心に敵を作り得ないメンタリティ、精神的環境」以外は(如何に器用に世渡りしようとも)全て「利己(=自己中心思想)」と見做されます。

    こうした「利己(的行為)」の目的は「個(=己)の優遇による個の保存」つまりどれだけ快適に末永く生き続けられるかということでしかなく、それはしばしば「種の保存」よりも「個の保存」が優先されるという、生物学的に有り得ない現象をももたらします。

     

    ところでそもそも「社会性とは何か?」ということですが、基本的には寄り添って生きる人々がそれぞれに「利他の発想」を以って社会の枠組みを構築し、発展させ、運用していくことで、相互扶助に基づいた「誰もが生きやすい明るく楽しい社会」を望み、目指す心だと思います。つまり「社会性」とは、既存の社会に合わせる形のことではなく、前述のような社会を渇望する心と言い換えても良いでしょう。

     

    今年も節分を迎え、明日はいよいよ立春です。(節分、立春が特別な意味を持つ日であることは過去記事に書いていますので、参照して下さい。)

    2020年は混迷、混沌の年であることは既に申し上げた通りですが、新型コロナウィルスの対策等、早くも混迷状態が生じています。今後は世界でも日本国内に於いても不安定要素が山積状態にある中、何が起きても不思議では有りませんが、その際「利己的」な人々に於いては一層生き辛くなるかも知れません。何故なら、その一例として蓄積する毒素(不純物)を体外に排出する能力が著しく劣化、鈍化しているに違いないからです。

    | かまた | 時事関連 | 10:43 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>