HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 常軌を逸する社会と人々 | main | やはり今年(2020年)後半のキーワードは「暴走→迷走→遁走」だった。 >>
日本社会の近況(2020年10月18日現在)
0

    八王子市は9月の新型コロナ感染者激増に恐れを為して10月からPCR検査を止めてしまったようです。(八王子市新型コロナ関連リンク)

     

    政府は禁じ手の恫喝と無視で万事中央突破、強行突破が基本方針の様です。(「短気は損気」故に「短気は短期」で終わるでしょう。)

     

    強欲を涼しい顔でなりふり構わず曝け出す(政、財、官の)権力者たちの有様を日々見せつけられている国民の多くから不正や犯罪に対する「罪の意識」が急速に消失しつつあり、今や(上に倣って)日本全国「利己主義が当たり前」とされ、その事を問題視する論調すら滅多に見かけなりました。(事件や事故の動機や内容が稚拙でヒドすぎます。)

     

    おそらくこの「狂気」とも言える流れは「行くところまで行かないと止まらない」でしょう。そしてこの流れに加担した人々の「自滅の連鎖」も相当数避けられないでしょう。何故なら(個人であれ組織であれ)自己中心思想(=利己主義)は明確な論理的な誤りであって「原因結果の法則」により100%存続不可だからです。

     

    心有る人々にあっては(社会の現状がこのようである限りに於いては)社会と「一定の距離感」を保ちつつ支障の無い範囲で関わっていくことが肝要と思われます。

    | かまた | 時事関連 | 09:32 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>