HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< すべては「論理」に帰結する。 | main | 「屁理屈」や「ゴリ押し」の通用する時代は既に終わっている。 >>
唐突ですが2021年のキーワードは「消失、消滅、消去」です。
0

    これには「概念や価値観」などといった所謂「無形のイメージ」もあれば、それこそ目で見て明らかな「物理的事象、現象」も数多く含まれることとなるでしょうが、ここで注目すべきはこの「消失、消滅、消去」という表現は「衰退や瓦解、崩壊」などとは異なり「残渣や痕跡」を留める形ではなく、「(最終的には)あとかたもなく消え去る」ことを意味しているということです。

    昨年(2019年)も12月1日に「2020年は混迷、混沌の年」と明言し(コロナ禍等)実際その通りであったことからも、こうした(証明出来ない)霊的示唆にも「侮れない一面」があることをご理解頂けると思います。(因みに霊的事象が証明出来ない理由は「証明出来ない方が霊的に都合が良い」からに過ぎないことに思いを致すべきだ。)

     

    それらは「二分化」の延長線上にあります。

    | かまた | 時事関連 | 09:02 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>