HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 唐突ですが2021年のキーワードは「消失、消滅、消去」です。 | main | 白昼堂々のデタラメやインチキがもう「どうにも止まらない」 >>
「屁理屈」や「ゴリ押し」の通用する時代は既に終わっている。
0

    「屁理屈」とはこの場合「自己中心思想」に根ざした「自己弁護や自己擁護」を目的とする(一見論理性を装った非論理的な)思考や弁舌のことであり、一般的に「言い訳、言い逃れ、或いは身勝手な利益誘導」などの際に露呈することが多い。見方次第ではこれは「嘘をつく一歩手前の手段、方法」とも言え、屁理屈が通用しないとなれば後は「ゴリ押し」するしかない。

     

    「ゴリ押し」には低リスク順に「嘘(=事実の歪曲、捏造)」「無視(=相手の存在自体を認めない)」と続き、それでもダメなら「恫喝(=無理やり黙らせる)」更には「排除(=実力行使)」となるが、何れも「反社会的行為」そのもので、少なくとも白昼堂々と行うべきことではない。

     

    にも関わらず日本の現政権はこれらのフルコースをまさに「白昼堂々」と行って「強行突破」の構えの様だし、海の向こうの大統領選挙でも「荒っぽさ全開の堂々たる不正」がまかり通ると未だに信じられている向きがある。(こうした過程でメディア等の共犯者、協力者をあぶり出す効果が半端でない事が良くわかる。)

     

    繰り返すが「屁理屈」や「ゴリ押し」の通用する時代は既に終わっており、それをすれば自分たちが痛い目をみるだけだ。

    | かまた | 時事関連 | 12:05 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>