HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 白昼堂々のデタラメやインチキがもう「どうにも止まらない」 | main | 何故「偽物」が存在出来るのか? >>
単に「ソレは霊界に有るのか無いのか」という話
0

    ※ 本日の記事はは多分に「霊的内容」を含むため、興味のない方はスルーして頂いて構いません。

     

    これまでにも約2500年間の長きに渡って続いた「夜の時代」が終わりを遂げ、昭和16年6月16日午前6時15分を以って霊界現界共に「昼の時代」を迎えるに至った事について幾度か触れて来ました。(過去記事はこちら)

    それに伴い、これまでは人目を避け「闇に紛れて」「夜陰に乗じて」(バレない様に)行われてきた悪事や陰謀の類もさすがに白日の下で鳴りを潜めるかと思いきや、むしろ逆に白昼堂々の「居直り、開き直り、暴挙、暴走による嘘八百、インチキ、デタラメ、メチャクチャ」のオンパレードにいよいよ歯止めが掛からない状態です。

     

    少なくともこの数週間でハッキリした事の一つに、アメリカ大統領選挙を通じて「国内外の主流マスメディアが軒並み(意図的で悪質な)情報操作と偏向報道に終始している」という事実が有ります。即ち「トランプ落とし、バイデン擁護」で欧米や日本の大手メディアが一致団結して「不正隠し、事実の隠蔽」に(まるでそれが課せられた使命でもあるかの如く)奔走しているということです。

    つまりここに来て「メディアは真実を伝える」というのは幻想であって、メディアの真の使命、役割は「支配者、権力者に不都合な真実を隠蔽する」ことにあるということがあからさまに露呈してしまった訳です。

     

    ところで「昼の時代」とは、単に現界に於いて「光が隅々まで照らし出し影が無くなる」というだけではなく、それ以上に重要なことは「霊界と現界の距離が近くなる事で(質的、時間的な)差異が縮まる」ことに有ります。つまりこの世のあらゆる事象は「霊界との厳格な因果関係」によって規定されている訳ですから、それこそ今日のタイトルの如く、単に「ソレは霊界に有るのか無いのか」または「その人は霊界に居るのかいないのか」という話で、「有れば(居れば)本物、無ければ(いなければ)偽物」となり、それが結論でそれが全てとなります。(何故偽物が存在出来るかについてはこの場は割愛します。)

     

    (今は少数ですが)そう遠くない将来、多くの人々がそのことを実感として持ち得る時代がやって来ます。

    | かまた | 時事関連 | 11:01 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>