HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< いわゆる「戦争作品」について考えて見る | main | プロモ第二弾・制作後記(2) >>
プロモ第二弾・制作後記(1)
0
    今年一月初旬の第一弾をアップした直後には、既に第二弾の構想は固まっており、まずは作家のどなたかに原画をお願いするところからですが、作家選びのポイントは「リアリティ」に尽きました。

    戦場は我々の日常とは異なり、不条理に満ち溢れているものと考えます。そこに於いては兵器、兵装のカッコよさや、友情、団結、男らしさと言った精神的な美学などは、謂わばたった一条の光に過ぎません。この、「闇と光」の関係を正確に表現し得る作風となると、「小林源文」先生しか思い当たりませんでした。

    即ち、「戦争は断じてキレイごとではない」ということです。
    | かまた | プロモ関連 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/65
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>