HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< プロモ第二弾・制作後記 (追記) | main | プログレ・・プログレって何だっけ? >>
whinsaとHopeの事
0
    このところ改めてアルバム「KURSK」を連日聴いている。(延べ千回以上聴いているが・・)そこで改めて思うところがある。
    それは「やはりこのアルバムにはこの2曲が欠かせない」ということ。というと奇異に感じる方がおられるかも知れない。
    このプロローグとエピローグは明らかに異質な音楽で、何となくたどたどしく、クォリティもそれなり・・・・・。
    それでいいのだ。いや、そうでなければならないのだ。それはつまりこういうこと。

    whinsaは、凍てつきそうになる心に、健気に灯を燈(とも)そうとする少女の姿。
    Hopeは、消え入りそうな命を前に、尚も幸せを信じ、願う少女の心。

    もしかすると「KURSK」は、この2曲によって命を吹き込まれたのかも知れない。

     
    | かまた | 楽曲 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/72
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>