HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< whinsaとHopeの事 | main | 「かげろうの街」バンド用楽譜(完全版)その1 >>
プログレ・・プログレって何だっけ?
0
    ということで、改めて「Progressive Rock」の意味するところについて考えて見ました。
    取り合えず辞書的には、「進歩的な」「革新的な」「前進する」「進行性の」「進行形の」ロックなどとなっているようです。
    そこで自分としては、「高機能な」「多機能な」ロックが近いかな、などと思って見たりします。
    何故そうかと言いますと、そもそも自分にとって自分らしい音楽の原点は「シンプルなヘビーロック」で、今でも場合によってはそれで十分とさえ思っているという事があります。
    しかし自分が何か言おうと(もちろん音楽言語でですが)した場合、それ(=シンプル)だけではちょっと言葉が足りないかな、と思ったりする際には、少し言葉を足したり言い回しを工夫したりします。その「プラスアルファ」の部分が高機能、多機能という意味になるかと思う訳です。

    例えばですが、自分が誰かと議論している時に、こちらの主張に対し相手から質問や反論があった場合、声だけ大きくして同じ主張を繰り返す訳には行かないでしょう。相手の意図を良く理解した上で、別の角度から説明したり、新しい概念を提示したりする必要が当然あると思います。音楽的にもそれと全く同じことが言えるのではないかと思う訳です。
    もしそうだとすれば、プログレのプログレたる由縁はその言語的発想の多様性にあって、コアである「ロック」の部分に何かするという意味でなくても良いと思う次第であり、個人的には、逆にそこは揺るがせにしたくないと思っています。

    つまり「プログレ」というものは「シンプルよりも上位」というような意味合いのものではなく、むしろ「ロックらしいロック」という意味で、同じ土俵に立つべきものと考えています。
    | かまた | その他 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/73
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>