HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
<< 世の中いよいよ滅茶苦茶になってきた。 | main | 「転調」の必要性と必然性について >>
音楽そっちのけで悪いか!・・・悪いかも。
0
    このところ「音楽サイト」で有りながら、音楽と関係無い「時事関連」の記事がめっきり多くなっていることは、自他共に認めるところだと思っている。しかも当ブログに限っては、いわゆる「一見(いちげん)さん」は異様に少なく、殆どのアクセスは馴染みの「音楽愛好者」の方々と思われる。(検索サイトからのアクセスが少ないので)そんな皆様、済みません、申し訳ない。音楽記事じゃなくて・・・。

    ところで、自分は今日まで43年間もずっと音楽を生業にしてきたし、近年はCDも発表させて頂いた。つまりどこから見ても「音楽家」にしか見えないかも知れないとは思うが、そのことと本人の自覚とはまた別問題かも知れないとも思っている。いや、むしろ今までにちゃんと襟を正して「音楽家です。」と自覚した瞬間すら無かったかも知れない。(その理由は割愛します。)
    しかし「人間です。」という自覚なら今まで山の様にしてきたし、場合に依っては「世界人です。」などという自覚を臆面もなく持ったりする。へたに「日本人です。」という自覚を持つと、知らず知らずの内に「垣根越し」に物を見たり触れたりしてしまうような感覚に捉われて嫌なんです。だからそれと同じ理由で「お生まれは?故郷(おくに)は?」と問われても、気持ちの中ではいつも「日本全国です!」と答えている。(実際にはアホかと思われるのでそうは言いませんが)

    話が逸れたが、自覚としては「人間の日常的な営みのひとつとして音楽がある」と理解しているので、他の事と同じ様に「特別なもの」でも「こだわる」対象でもなく、それこそ「必要な時に必要とされるもの」という意味でも他の日常と等しい。
    つまり「人間が人間らしく生きる上で必要なツールのひとつ」と考えれば、出番で活用するのがツールであって、常に上質なものが手の届くところにあるのが望ましいと思うのは当然のことだと思う。
    しかし改めて「音楽は生きるすべて(=目的)ですか?」と問われれば、「う〜ん、それとはちょっと違うかな」などと微妙にならざるを得ない。
    | かまた | その他 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog1.hal-kursk.com/trackback/90
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>