HAL-KURSK 制作四方山話

タイトル通りです。思いつくまま、気の向くまま、ランダムに書きます。コメントやご質問は大歓迎です。
人間を「競走馬扱い」するな
0

    世の中では盛んに「プロ・スポーツ」や「プロ・将棋」の世界でのプロたちの活躍を報じ、喧伝することで「競うこと=感動」などと善化、美化していますが、これらはみな「競うこと(=競争社会)」に対する抵抗感を減じさせ、「競争の場」に積極的に参加させるためのマインドコントロールとして用いられているに過ぎません。

    スポーツや将棋自体が悪いとは言いませんが、殊更に「競うことを推奨し、勝者を褒め称える」事は「振興」という本来の目的を逸脱し、「勝利にこそ価値が有り、敗北は価値が無い」という悪しき社会通念を蔓延させる事にしかなりません。何故それが悪いかと言うと、それは必ずや「結果を出す(=勝つ)ためには何でもやる」という考え方と結び付いて行くからです。

     

    これは「品格や良識」と真っ向から対立する考え方と言わざるを得ません。何故なら品格も良識も共に、物事の「経過や過程」の際にこそ発揮され、際立つものだからです。このように「何でもかんでも勝負事」のような物の見方、考え方は「人格の低下」を引き起こし、方や「負組だからしょうがない」などと、自ら「格差社会」を肯定するような自暴自棄の歪んだ方向へと人々を追い込んで行くに相違有りません。何故なら「勝つ」とは、基本的にピラミッド型の順列の頂点に立つという意味とすれば、大多数の人々は(相対的に)負組になるからです。

     

    例えば「勝利=栄光」の代表的なものに「競走馬」が有りますが、そこで私たちが知り得るのは文字通りピラミッドの頂点に立つことの出来たほんのひと握りの馬たちの辿る栄光の道のりに過ぎません。では「勝利に無縁」の九割近くの馬たちはどうなっているのでしょうか。

    以下に衝撃的な報告が有ります。特に2番めは生々しく、閲覧注意かも知れません。

     

    http://toyokeizai.net/articles/-/64607

    https://matome.naver.jp/odai/2141004220808662101

     

    これらの記事を見れば明らかな様に、勝てない(と断定された)競走馬は早期に「殺処分」が基本とのことです。何故なら「役立たずの馬に莫大な維持費を掛けるバカはいない」と考えられているからです。(およそ九割の馬がそれに該当します。)そのため「競走馬」という概念自体が動物虐待に当たるという指摘や批判が行われているとの事ですが、それはそれとして問題の本質はむしろ「競争社会」によって、その考え方がそのまま人間社会に当てはめられて行くことの怖ろしさに有ります。(つまりそれを食い止めない限り、馬の処遇も改善されないということです。)

     

    現代社会に於いては「勝つ」と「儲ける」は、ほぼ同じ意味で用いられており、そこには「儲けるためには何でもやるが、儲からない事は一切やらない」という明確な指標が有ります。何故なら「そのようにしないと勝てない」という現実があるからです。

    政治家の収賄、役人の忖度、企業の不正や改ざん、相撲の星の貸し借りなど、周りを見渡せばみんなやっていることで、それらはすべて「そのようにしないと勝てないから」という理屈の下に正当化されたものです。つまり「競争社会」とは、そのように「人が品格や良識を捨て去ることで成り立つおぞましい社会」ということです。だから競走馬の殺処分など当たり前で、その同じ心が「他人の事など知ったこっちゃない」と思わせている訳です。

     

    このような社会環境の中では「他人を相手取り、勝ちに行くこと」自体が問題を孕んでおり、(人として人格を歪めるという)大きなリスクを伴います。更にそんな思いまでしても最終的に「勝者」となれるのは(競走馬に例えるまでもなく)ごく一部の人々に過ぎず、殆どの人たちが「負けたんだからしょうがない」的な卑屈な生き方を余儀なくされるでしょう。それが今の世の中の紛れもない現状です。

    故に、このような社会の仕組みにはさっさと見切りを付けて人間本来の生き方、人との関わり方、馬との関わり方に戻しましょう。もし、そうした啓蒙活動を率先して行えないとしても、少ないながらも世の中でリーダーシップを発揮している人たちを陰ながら応援、支援することぐらいは出来るはずです。

     

    体(てい)の良い「殺処分」が存在する事は、最早「世の中の常識」となりつつ有り、自分たちがその対象と成り得る事をくれぐれも忘れないで下さい。(それは「人命及び人権軽視」という形となって表れるでしょう。)

    | かまた | 時事関連 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    本年すでに瓦解、崩壊したもの
    0

      今日は12月1日、今年も残すところ後2ヶ月余りとなりました。(立春から節分までを運命上の1周期として。)そこで今年すでに瓦解、崩壊したと認められるものを列挙して見ます。

       

      ○ 安倍晋三の「日本の強いリーダー像」は、森友・加計問題を機に瓦解、崩壊しました。

      ○ 森友問題によって政権がゴリ押しする「愛国教育浸透政策」の実態が暴かれ、瓦解、崩壊しました。

      ○ 閣僚、議員らの相次ぐ暴言、失言により「国民政党」自民党の虚構が明らかとなり、瓦解、崩壊しました。

      ○ 連立与党による「戦争法案強硬採決」により、公明党の党是「平和と福祉」が瓦解、崩壊しました。

      ○ 政権に忖度する実態が明らかとなり、NHKを始めとするマスコミの信頼性が瓦解、崩壊しました。

      ○ 大手企業による「不正、改ざん」が次々と明らかにされ、「日本ブランド」の信頼性が瓦解、崩壊しました。

      ○ 2020年東京五輪誘致をめぐる賄賂の実態が暴かれ、五輪開催の整合性が瓦解、崩壊しました。

      ○ 小池百合子と「都民ファースト」「希望の党」の虚構が暴かれ、存在感が瓦解、崩壊しました。

      ○ 「日馬富士暴行事件」に端を発し、相撲界の内情が暴露されると共に瓦解、崩壊が始まりました。

       

      主だったものだけでもこれだけ有ります。(細かいものまで挙げると切りが有りません。)

      これらの特徴はすべて「建前と中身が異なり、すでに実質的に虚構化、空洞化していたもの」というもので、要は「今まではそれで通用したが、これからは通らない」ことを暗示する結果と見て良いでしょう。

      また、こうした人々は概して「往生際」が悪く、沈没船で言えば「舳先やマストの先端にしがみついてでもその場に固執する人々」のように思え、そのため私たちは今後幾つもの「見苦しい有様」を目にしなければならないかも知れません。

      | かまた | 時事関連 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      子どもでも解る「政治」の話
      0

        「森友・加計問題」に於ける政府、財務省、国交省に対する追求が国会で続いていますが、国民の中には「自分たちには余り関係が無い。それよりもっと我々の暮らしに直接関係のあることをやってくれ。例えば給料が増えるとか、物が安く買えるとか・・・」と思っている人が少なからずいると思うし、そもそも「政治に興味が無い(むずかしくて退屈だから)」という人もいるでしょう。

        ところがそれこそが大間違いで、逆に「(モリカケ問題の様な)政治家や役人の不正を正し、国政を健全化する事」こそが、実は何よりも私たちの暮らしに最も大きなメリットをもたらすのです。

         

        何故なら、そこで行われているのは正に「不公平、不平等そのもの」であって、もし私たち国民によるチェックや監視の機能が働かなければ、それらはそれこそ「政治家や役人の数だけ」起こり得ると言っても過言では有りません。例えばあれだけ国会で紛糾してきた「森友・加計問題」でさえも(露骨過ぎてたまたま露呈した)氷山の一角に過ぎないとすれば、果たして(自治体をも含めた)全国規模では、一体どれだけの数と規模の「不公平・不平等」がまかり通っているのか計り知れません。

         

        政治家にして見れば、選挙活動や政治活動にお金の掛かる仕組みがある限り、自身のスポンサーを優遇したくなるのは人情であり、また役人は役人で無用な締め付けや追求を避けるためにも、政治家に対して心象を良く(=忖度)しておく必要が有って、そのため「不公平・不平等(=不正)」が(構造的に)非常に起きやすい現状」となっています。(事実、政治家や役人の贈収賄疑惑は跡を絶ちません。)

         

        ところで「森友・加計問題」もそうですが、「不正」を解りやすく言えば「税金(=国民みんなのお金)の使い方がおかしい」ということです。というのも本来そのお金は(みんなが納得出来る優先順位に基づいて)全国民に等しく還元されるべきお金であるにも関わらず、結果として「特定の人々だけが非常に良い思いをする」ということが起きていて、その分「みんなの取り分(還元額)」が目減りしている事になります。

         

        問題はその金額ですが、例えば全体で年間一億円程度であれば国民一人当たり「一円損をした」に過ぎませんが、会計検査院の報告に拠れば毎年「数千億円規模」の指摘がされており、甚だしい年には一兆円を超える事もあるとされています。しかもこれとても調査が及んだ範囲に過ぎず、実質はこの数倍の金額かも知れません。事実「森友・加計問題」では自治体側の税金も投入されていた訳で、もし騒ぎにならなければ双方の出費が共に不問に付されていた可能性が高いと思われます。

         

        ともかくはっきりしていることは、私たちは「森友・加計問題」の当事者たちの「もみ消し、逃げ切り」を許すことで、これからも確実に「毎年一人当たり数万円ずつ」の損失を被り続けることとなり、今後その不足分と称して新たに消費税2%分を徴収される事になります。(要するにバカにされているのです。そんな簡単なことも解らないとすれば、それは「娯楽」にばかりうつつを抜かして政治に関心を持たないからです。)

        | かまた | 時事関連 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
        久々の国会中継
        0

          日本の国会でモリカケ問題の追求が始まった途端、北朝鮮のミサイルが飛んで来るという不思議な現象はさておき、安倍晋三本人は元より財務省、国交省の答弁は前国会に輪を掛けて「絶望的」なレベルの低さに到達してしまった。ここまで行くと「おとぼけ、ごまかし、詭弁」の域を脱し、完全な「開き直り」でしかない。答弁する本人たちの自覚の有無はともかく、それは結果として「誰が犯罪者であって、誰が犯罪者でないか」を仕分けする作業に他ならない。何故なら「開き直り」は自らの「悪意」を真っ向から認める行為だからだ。本人たちは「以前と変わらぬ一貫した論法、論調」のつもりだろうが、情報の精度、信頼度等、取り巻く状況が以前と大きく異なる中で「以前と同じ主張」を繰り返せば、相対的な意味合いが変わってくるのは当然だ。

           

          この際「物の道理」として言っておくが、仮にモリカケ問題で「国民に対する背信行為」を行った者が、その役職に於ける他の仕事に対して「国民に対し誠実に履行」することなど有り得ない。思想に基づく限り「一事が万事」であって、ただそのことが露呈するまでに至っていないだけの話だ。

          だから「モリカケでは感心しないが、他の事はがんばっている」などと思わない方が良い。すでに「開き直っている」時点で「要注意人物」を通り越し「危険人物」の域に入ってしまったのだから。

           

          その意味ではNHKのトップも最早「危険人物」の域に到達しているかも知れない。何故なら「国会中継」は放送するものの、ニュースでの「モリカケ問題の矮小化」は各局の中でも相変わらず群を抜いており、ほとんど「無きもの」としたいようだ。

          | かまた | 時事関連 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
          政府の「高校無償化案」に驚愕!
          0

            今朝のNHKニュースで、政府の「高校の無償化に関する新制度導入」という話が耳に入ってきました。(NHKは挙動チェックのため時折り確認しています。)

            リンクはこちら→ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171124/k10011233581000.html

             

            内容は掻い摘んで言えば「非課税(=低所得)世帯以外は無償化せず全て将来の借金となる」という話で、非常に違和感を感じます。これでは「目先の支払いが無い」と言うだけで思わず手を出してしまう「カード地獄」と構造的に変わりません。しかも「良識ある国民を育成する目的を持つ教育を盾に取っての借金の強要」という発想が実にやるせない気持ちにさせ、本気でそんな事を考える人たちの正気を疑いたくなります。

             

            また、そこには「将来の所得に応じて(=出世払い?)」などという文言も有りますがが、もし仮に高校のみならず大学も含めた7年分の借金が生じている場合、いくら働いても(借金返済のため)それを暮らし向きに反映させられない(手応えの感じられない)期間が相当な年月に及ぶ事になり、それは将来に備えた蓄財、投資のための節約とは全く意味合いの違う「人生への負荷」としか言い様が無く、(経済的は言うに及ばず)心理的な重荷としかなり得ないでしょう。(借金が若者の足を引っ張り続けます!)

             

            借金とは(人の心の弱みにつけ込むという意味に於いて)極めて悪魔的と断言します。よって経済学者が何と言おうと、私たちは「借金しなくて良い社会や暮らし」を望むべきだと思います。

            それにそもそも「教育の無償化」に対して、政府(=安倍政権)から余りにもお粗末な方針しか出てこない事自体が国としての「優先度の低さ」を物語っています。しかし一方でそれは私たち庶民、取り分け子どもや若者を直撃する問題であることは間違いなく、現政権が如何に国民を軽んじているかを暗に示す結果と言えます。(言葉は嘘。現にやっていることが本当。)

             

            だから「財源が無い」というのも嘘。ただアメリカからの防衛装備品(=兵器)の購入を最優先し、借金に喘ぐ庶民の生活や教育なんかどうでもいいと思っている、と(言わず語らず)態度に表しているに過ぎません。

            皆さん、それでよく平気ですね?

            | かまた | 時事関連 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
            ホームページに動画をアップしました。
            0

              "Motofumi Kobayashi with HAL Kursk part1"の動画のYoutubeへのリンクを削除し、代わりに公式サイト上で視聴及びダウンロード可能と致しました。

              使用するブラウザによって動作が異なるため、多少ストレスが生じるかも知れませんが、取り敢えずIEとFireFoxでは動作確認致しました。(ストリーミング再生が行われない場合は、右クリック等で保存した方が良いかも知れません。)

               

              以上、ご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

               

              | かまた | プロモ関連 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
              撤退理由
              0

                怪しいもの、疑わしいものに(多少便利だという理由だけで)わざわざ関わろうという気になりません。

                世の中本当に必要なものは、そう多くはないと思えてならないからです。ならば、まずはそれを実践してみて結果を見定めてみたいと思います。

                | かまた | 時事関連 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                近々Youtubeから撤退します。
                0

                  それに伴い現在公開中の動画(Motofumi Kobayashi with HAL / KURSK Part1)も削除される事となりますので、必要とされる方はお早めに保存等の対処をお願い致します。(後日改めてHAL2「KURSK」公式ページにてアップされる可能性は有ります。)

                  以上、唐突でまことに勝手ながら何卒ご了承賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

                  多くの方々にご視聴いただき、まことにありがとうございました。

                   

                  鎌田洋一

                  | かまた | 作品全般 | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  職業は役柄を「演じる」もの
                  0

                    昔から「心を鬼にする」という言葉があるが、世の中にはその言葉がピッタリ当てはまるような仕事や立場があるのは解る。だがそれは自分が「鬼(そのもの)になっていい」という意味では無く、言うなれば「その場ではそういう役柄を演じろ」と言われているに過ぎない。つまりこれは「言葉の綾」であって、人間の心が一瞬足りとも鬼になっていい瞬間など、そもそもあるはずが無いのだ。

                     

                    例えば(これは役人全般に言える事だが中でも)警察官。職務遂行のために「融通を利かせられない」事は、役割の性質上やむを得ない(場合も有る)のはよく解るが、自分自身が「融通の利かない人間」になってどうするのだ。それでは単に「私はコミュニケーション能力の低いダメ人間です」と言っているようなもので、まともな社会では誰からも相手にされなくなるに違いない。そうではなく敢えて「(心を鬼にして)嫌われ役を買って出る」というところで「警察官」という職業が尊敬の対象とされるのではないのか。

                    もし警察学校がそういう教育をせずに、それこそ「お前たちは鬼になれ」の如き指導を行っているのであれば、即刻解体した方が良いだろう。(心が鬼のような人間は、むしろ矯正すべきだ。)

                     

                    それから「商人(ビジネスマン)」に有っては、商売自体が「取り引き」や「駆け引き」或いは「競争原理」が働くことで成立しているものであることは解るが、それも社会構造の中の「そういう役割を演じて下さい」と言われているに過ぎない。つまり経営者が「お人好し」だったり「情にほだされて」ばかりでは経営が成り立たず、会社を潰してしまっては「本末転倒」ということだが、それとて「機械の如く無感動で冷酷非情な人間になれ」という意味では無い。もし「ビジネスのため」と称してそんな人間教育が行われてしまったら、それこそ「ビジネスは発展するが、人間は破壊され社会が崩壊する」という、別の意味の「本末転倒」にしかなり得ない。

                     

                    しかし残念ながら、それが社会の現状だ。そうではなく、職業は職業としてあくまでも「その役柄を懸命に演じる」のは結構だが、人間が丸ごと呑み込まれて良いものなど殆ど無い。

                    何故人間はその事に気付かないのか、それは人間として生きることの真の目的が理解出来ないからに違いない。

                    | かまた | 時事関連 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    「自由」の概念(自由とは何か)
                    0

                      「霊層を上げる」とは、平たく言えば「良い人になる」事であって、それが人間にとって悪い事であるはずもないのですが、しかし何故か人間は進んで「良い人」になろうとしません。それは何故でしょうか?

                      それは「良い人になると失うものがある」と考えるからです。失うものとは、他ならぬ「自由」のことです。

                      そのため率先して良い人になろうとはせず、多くの人たちは「普通の人」を目指します。

                       

                      では「普通の人」とはどういうことでしょうか。それは社会に於いて「それでいい」「悪くはない」など、(取り敢えず)「社会適合者としての評価を得ること」を意味します。但しそこには「普遍性」とおぼしきものは存在せず、例えば日本とアメリカと北朝鮮では、それぞれに当然の如く評価の基準自体が異なります。つまり社会の数だけ異なる評価の数が存在すると言うことになり、そこから「普通=迎合」という意味であることが判ります。

                       

                      「普通の人」のメリットは、目立たない、角が立たない、攻撃されない、排斥されないなど、多々あるとは思いますが、中でも最大の恩恵は「(社会が許容する中での)自由が獲得出来る」ことではないでしょうか。その傾向はおそらく、立場が社会の中枢に近づくほど強くなり、多くの人が競争社会の中で「上を目指す」のも、結局は「より多くの自由」を欲するがためと言えます。

                       

                      但し(霊的には)この「普通(=迎合)」を目指すことには、致命的なデメリットが有ります。それはその行為、行動があらゆる局面に於いて「自らの(社会的)信条、信念、意思に基づくものではない」というもので、その行動原理は突き詰めれば「個人的な自由の獲得」以外の何ものでもなく、従って「結果に対して無責任」であることは言うまでも有りません。何故なら、誰しも「自らの価値判断」が働かない状態で、自身の行動に責任を負うことなど到底出来ないからです。つまり何が起ころうとも「俺のせいじゃないよ」ということです。

                      このような人たちは、最後まで「罪の意識」を持てないまま「組織や国家ぐるみの罪」に加担した挙句、恨み言を言うハメに陥るかも知れません。

                       

                      このように「普通の人」の目指す自由とは「勝手気まま、好き放題、ヤリたい放題」など、社会の諸々から遮断されたプライベート環境のことなのかも知れませんが、もしそうであるならそうした「自由の獲得」を目的とした「社会的迎合」自体が「反社会的(=利己的)」本質を持つものと言え、それを「普通」と称し、そうした人たちの集まりによって「より良い社会」を築こうということそのものが、論理的に不可能と思えてなりません。(それを如実に表しているのが、学校教育の現場と言えるでしょう。)

                       

                      翻って本来意味するところの「自由」とは、決して社会と遮断されたプライベート空間に於ける「利己的満足を得る機会」のことではなく、例えば「自由闊達な意見を交わす」「アイデアを自由自在に展開させる」など、少なくとも「利他に対する利己」或いは「統制を逸脱した放縦」を表わす言葉ではないと言うことです。にも関わらず「自由」という言葉が、あたかも前述の様な「(我欲に関わる)自己満足の追求」として用いられるのは、一重に「社会が不幸」であることの証しと思われます。

                       

                      つまり「自分もみんなも良くなる、良くする」という基本思想と(社会的)目標のもとに、自らの能力を(制約無しに)遺憾なく発揮し得ることが、(理性に統制された)本来の「自由」の意味であって、理性を逸脱して「箍が緩み、ハメを外す」ことは、あくまでも「放縦」に過ぎず、それを敢えて奨励することは「潜在的な反社会性(=人間嫌い)」を助長する結果と成り兼ねません。

                      昨今の(一見普通の人たち)による犯罪の凶悪化、取り分けその凶暴性、冷酷性、残忍性などは、そうした傾向が象徴的に表れたものと言えるでしょう。

                       

                      歴史的にも、自由と放縦が混同されて考えられ、見過ごされるといった様な時代はそうそう無く、増して(消費経済のもと)社会がそれを奨励、鼓舞し喧伝するなど、やはり異常事態としか思えませんし、放縦が人を破壊し、社会を破壊する事は間違い有りません。

                      よって自分自身を破壊しないためにも「良い人」を目指すことを強くお勧めします。

                      そうでなくとも、何れ「良い人」が普通と見做される時代が来ますので。

                      | かまた | 時事関連 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>